Home
Bunkyo-Solution
Public-Solution
Cloud-Service
Example
Outline

AEGIS Security Systems

クラウド監視型次世代ファイアウォール
『 AEGIS Security Systems 』


『イージス・セキュリティシステム』はクラウド時代の次世代型ファイアウォール。
世界各地からあなたの情報資産を狙うサーバ攻撃者の侵入を、日々進化し続けるインテリジェントな監視機構で防ぎます。
クラウド技術を採用することで、高額なハードウェアの設置、交換コストは不要。
既存のサーバ資産にアドオンできる強力なセキュリティシステムです。

  • 外部からのアタックをクラウドの目が識別・遮断
  • 新しい攻撃に対して日々更新し全契約者へ共有
  • お客様サーバへの攻撃は防御証明メール、および月次レポートにて報告
  • 据え置き型アプライアンスを用いないクラウド型監視
  • クラウドサーバやVPSにも導入可能な計量システム

 

 イージスクラウドのしくみ 7プロセスでリアルタイム対応

 

 

広範囲の攻撃を防御

セキュリティ対策製品にいくつかの種類が存在しますが、それらにはそれぞれの特徴や決められた守備範囲があり、
適切な組み合わせでネットワークを構築することによって、初めてセキュリティレベルの向上を得ることができます。
本製品は、今までに培ったノウハウが蓄積された独自シグネチャを用いることにより、
それらお互いにカバーしなければならなかった守備範囲をオールインワンで防御します。

アタック名称 詳細 AEGIS FW WAF IPS
ブルートフォースアタック パスワード総当たり攻撃です
SQLインジェクション SQL(データベースへの命令文)へ違法に
外部から別の命令文を差し込みます
クロスサイトスクリプティング サイトを踏み台にされ、意図しない閲覧者
誘導やダウンロードを行わせます
ルートキット攻撃 侵入痕跡を隠蔽しながら働くマルウェアに
より「ルート権限」を乗っ取ります
Webスキャン攻撃 ウェブサイトの脆弱点を探る通信です
DoS攻撃 短時間に集中的な通信を行い、サーバ処理
を過多に陥れ、通信障害を起こします

 

サービス概要/実績

  • サーバへの攻撃をクラウド型IPS/WAFが遮断

「イージス」は、サーバマシンに到達する通信のログデータをクラウド上の本体へ暗号化通信(AES)で報告し、
リアルタイムで防御システムを発動するサービスです。
Webサーバのソフトがなにであっても、そのログが「イージス」のサポートする形式であれば、
イージスサービスによる検知・遮断が実行されます。

最強の実績 工事不要・運用不要・
買い替え不要
クラウド機構による
機械学習
NATO指定ベンダーへ供給開始。
サイバー戦争最前線の性能を誇ります。
クラウドサービスであるため、
お客さま側での作業や
追加料金がございません。
攻撃元IP、攻撃シグネチャ
パターンを集積し全ご契約者さまの
防御性能を高め続けます。

 

選べるプラン

スタンダードプランと、セキュリティアドバイスプランの2種類をご用意しております。
ご要望に応じてお選びいただけます。

 

月次レポート・セキュリティアドバイスイメージ

 

Copyright © 1995 Alpha Computer,Ltd